2008年06月25日

東京−大宮は現行設備で対応

 東北新幹線の青森延伸や北陸新幹線の金沢延伸により列車本数が増えることによる、東京−大宮間について、JR東日本が特に工事を予定していないというニュースです。
 大宮駅についていえば新幹線ホームは13〜18番線の6線ありますが、15番線と16番線はほとんど使われていないので、多少、列車本数が増えても問題ないでしょうね。東京駅は今でもかなり厳しいと思うので、ホームの増強が行われるかなぁ…。

【今日の新幹線】
朝:高崎駅  7:35 MAXたにがわ
夜:大宮駅 19:30 あさま

 今日の朝はいつものMAXたにがわに乗りました。今日は在来線が少し遅れ、最後に新幹線に乗りましたが、高崎駅を出るとき、私が乗った車両には25人ほどしか乗っていませんでした。最近、新幹線が空いている感じです。
 今日も帰りの新幹線は熊谷駅に停車するあさまに乗りました。熊谷駅まではデッキで立っていましたが、熊谷駅でかなりの乗客が下車したので、座れました。



JR東日本、東京−大宮は現行設備で対応=東北、北陸新幹線延伸で

 JR東日本は、定時株主総会で、東北、北陸(長野)両新幹線の延伸に伴う東京−大宮間の輸送量拡大について、現行の設備を活用し対応する方針を示した。冨田哲郎常務が「新たな線路を敷く、設備改良を行う必要性はないと現在は考えている」と述べた。
(2008年6月24日 時事ドットコム)


posted by 長流水 at 22:30| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。