2008年06月13日

納涼ビール電車

 愛知県豊橋市の路面電車の豊橋鉄道東田本線で運行している、納涼ビール電車の紹介記事です。
 列車としてはお座敷列車の路面電車版ですね。路面電車でこういうことをしているのは珍しいのではないでしょうか。
 この納涼ビール電車は、ビールのみの提供でおつまみは持ち込みのようです。また、完全予約制です。
 詳細な情報は豊橋鉄道のホームページ(URL http://www.toyotetsu.com/)で確認してください。人気が高いようで予約がいっぱいの日もあります。

【今日の新幹線】
朝:高崎駅  7:35 MAXたにがわ
夜:大宮駅 19:38 MAXたにがわ

 今日は朝は何事もなくいつもの新幹線MAXたにがわに乗りました。同じ車両に乗っていた女性のグループの会話がちょっとうるさかったです。この新幹線は通勤客が多くて、みな寝ているので車内放送で『寝ているお客様も多いので静かにお願いします。』とアナウンスが流れることもあります。
 帰りの新幹線は16両編成のMAXたにがわに乗りました。週末なので大宮駅は非常に人が多かったのですが、新幹線は空いていました。もしかして、在来線のどれかが止まってたりしたのかな…。



納涼ビール電車試乗会

 豊橋の夏の風物詩「納涼ビール電車」の試乗会が、とよはし市電を愛する会など関係者を集めて行われた。「路面電車の日(10日)」に合わせて豊橋鉄道が93年から始め、今年16年目。14日から営業運行を始め、8月31日まで72日間、100便をめざす。
 ビール電車は、両側の座席シートの中央に長テーブルをセットし、ジョッキやおつまみを置けるように改造した特別電車。車内に提灯(ちょうちん)や風鈴を飾って納涼感を演出し、カラオケも楽しめる。
 冷えた生樽のビールを飲みながら、夕暮れの街並みを眺め、運動公園までの往復9.4キロをガタゴト約1時間20分かけて走る。
(2008年6月13日 東日新聞)


posted by 長流水 at 21:24| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。