2008年06月12日

新システム「DMT」を初公開

 線路と道路の両方を走る、DMVについてはこれまでにもこのブログで何回か書きましたが、今回は線路と道路の両方を走るトレーラー『DMT』です。
 これは、トレーラーの後の部分が線路と道路の両方に対応していて、線路では機関車が引っ張り、道路ではトレーラーが牽引するそうです。
 このDMTを使用すると、鉄道と道路で荷物の載せ替えが発生しないし、鉄道なので一度に大量に運べるので、船(フェリー)を使っている輸送については、置換えができそうですね。

【今日の新幹線】
朝:高崎駅  7:35 MAXたにがわ
夜:大宮駅 19:38 MAXたにがわ

 今日は朝の強雨(豪雨)で高崎駅までの電車が遅れれていて昨日と同じように、乗った列車はダイヤ的には一本前のでした。高崎駅では乗り継ぎの時間が短かったですが、いつもの新幹線MAXたにがわに何とか乗れました。(最初から降りる位置を考えて乗り、高崎駅では走りました。)
 新幹線の中は在来線が遅れて高崎駅から乗車した人が少なかったようで空いていましたが、途中、熊谷駅で乗ってきた人は多かったです。
 帰りの新幹線は16両編成のMAXたにがわに乗りました。今日は気温が低かったのに新幹線の中は昨日と同じ空調の設定といった感じで、車内が少し寒かったです。



新システム「DMT」を初公開 14日、米原で次世代物流シンポ

 鉄道とトラック輸送を組み合わせ、環境負荷の少ない新しい物流システム「デュアルモードトレーラー(DMT)」の初公開を兼ねたシンポジウム「次世代型グリーン物流 その現状と展望」が、14日午後1時から米原市の県立文化産業交流会館で開かれる。
 DMTは、道路上はトレーラーでけん引、駅で台車を付けて機関車で引っ張る。このシステムによる物流ネットワークを目指す「グリーン物流ネットワーク設立準備事務局」が企画。発起人が米国から輸入したDMTによるデモンストレーションがある。
(2008年6月12日 中日新聞)


posted by 長流水 at 22:20| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。