2013年01月12日

また、連休

 今週末は月曜日が成人の日で休みで3連休なので午前中に自宅に帰りました。今日は八王子駅からむさしの号を利用するルートです。
 横浜線は早い時間だったのですがすいてはいませんでした。開いている席があったので座れましたが、立っている人も多かったです。
 八王子駅からのむさしの号は、すいていて座ってゆっくりすることができました。武蔵野線の新小平駅周辺の長いトンネル内がケータイの圏外なのは何とかならないのかなぁ…。しかも、トンネル内で徐行したのに、車内アナウンスは一切ないし…。
 大宮駅からの高崎線の列車は大宮駅のホームに人が多かったので、籠原駅までの車両にのり、籠原駅で後方の車両に乗り換えました。その甲斐あって高崎駅まで座れました。
 高崎駅では、一度、改札から出て、献血ルームで献血をしました。寒い日が続いているし、インフルエンザにノロウイルスが流行していることもあって血液不足のようなので献血ルームはすいていました。時季的に“はたちの献血キャンペーン”中だと思いますが献血ルームに若い人はほとんどいませんでした。
 高崎駅からの両毛線の列車はいつものようにすいていました。
【横浜線】八王子駅着 7:13
【中央線】八王子駅発 7:19(むさしの号)
【高崎線】大宮駅発 8:28
両毛線高崎駅発 11:26


【ニュースのコメント】
 鳥取県三朝町のみささ美術館で行われている「Nゲージ鉄道展」についての記事です。
 最近はNゲージなどの鉄道模型の展示がいろいろなところで行われていましたが、今回の展示も鉄道サークルが企画したイベントですね。
 入場無料のイベントですので、興味のある人は三朝町のホームページ(URL http://www.town.misasa.tottori.jp/)で詳細を確認してください。鉄道関係の展示を行っていますが駅からは遠いようです。

新旧鳥取駅Nゲージ疾走

 山陰地方を走った特急列車のヘッドマークや新旧の鳥取駅を再現した鉄道模型などを展示した「Nゲージ鉄道展」が三朝町のみささ美術館で開かれている。
 倉吉市など県中部の鉄道愛好家でつくる鉄道サークル「鉄」が企画し、会員が所有するグッズや模型を持ち寄り展示。高架化される以前と現在の鳥取駅を線路幅9ミリの模型・Nゲージで再現したジオラマや、山陰線を走っていた「出雲」や「あさしお」などの特急列車のヘッドマークや1985年に県内であった「わかとり国体」記念で発行された乗車券などが並んでいる。
(2013年1月12日 読売新聞)


posted by 長流水 at 12:57| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。