2012年12月16日

乗り継ぎの列車は…

 今日はいつものように夜になってから八高線を使ってアパートに戻りました。
 両毛線はすごくさ浮いていました。昼間、風が強かったのでその影響でしょうか。選挙の影響は投票率から言って少なかったよなぁ…。
 高崎駅両毛線の列車の中と同じように人が少なかったです。
 高崎駅からの八高線もすいていました。途中、児玉駅で対向列車の待ち合わせで15分以上遅れ、高麗川駅で乗り継ぎを心配していたら、案の定、高麗川駅からの列車は待たずに出てしまい、高麗川駅で30以上次の列車を待たされました。なんで、わずか13分を待てないのかなぁ…。きちんとした説明もなかったし、ぜんぜん納得できないです。30分以上待って高麗川駅から乗った列車はすいていました。ただ、同じ車両にちょっと問題のある人が乗っていてつらかったです。
 八王子駅からの横浜線も時間が遅かったからかすいていました。今日は暖かかったからか、列車の中もホームあまり寒くありませんでした。もっとも、
両毛線高崎駅着 19:22
【八高線】高崎駅発 19:38(約13分遅れ)
【八高線】高麗川駅発 21:51
【横浜線】八王子駅発 22:35


【ニュースのコメント】
 三陸鉄道の冬の風物詩「こたつ列車」が東日本大震災の被害を乗り越えて、復活したという記事です。
 今日の選挙でも震災の復興はあまり話題になっていませんでしたが、まだまだ復興には時間もお金もかかりますね。
 ちなみに記事の中の「なもみ」というのは秋田の「なまはげ」と同じようなもののようです。

三陸鉄道、こたつ列車復活 震災で休止

 東日本大震災で津波被害があった岩手県の沿岸を走る三陸鉄道は、震災後に休止していた「こたつ列車」を2シーズンぶりに再開した。
 列車は午後0時半、久慈駅を出発。こたつにはミカンが用意された。地元の伝統行事に登場する鬼面をかぶった「なもみ」も現れ、乗客を驚かせる演出もあった。
(2012年12月16日 日本経済新聞)
続きを読む


posted by 長流水 at 23:28| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。