2012年12月29日

冬休み

 今日から年末年始の休みで9連休で午前中に自宅に帰りました。今日は西国分寺駅からむさしの号を利用するルートです。
 横浜線は早い時間だったからかすいていて、乗った時から座れました。自宅に帰るときに何度もこのルートを使っていますが、最初から座れたのは珍しいです。
 八王子駅からの中央線はホームに入線していた予定より一本早い列車がすいていたので何も考えずに乗ったのですが、この列車は特快で西子国分寺駅に止まらないので、立川駅で次の列車に乗り換えました。立川駅からの列車もすいていました。
 西国分寺駅で乗ったむさしの号は、帰省らしい大きな荷物を持った人もいましたが、まだ時間が早かったからかすいていました。
 大宮駅からの高崎線もホームに入線していた予定より一本早い快速アーバンに乗りました。この列車の車内は帰省の人が多かったのですが座れないほどではなかったです。
 高崎駅では両毛線の乗り継ぎに時間があったので、一度、改札から出て、E’siteでお土産を買ってから帰りました。
 高崎駅からの両毛線の列車はすごくすいていました。ただ、高崎駅のトイレはすごく混んでいました。
【横浜線】八王子駅着 8:07
【中央線】八王子駅発 8:07(特快)
【中央線】立川駅発 8:21(快速)
【武蔵野線】西国分寺駅発 8:31(むさしの号)
【高崎線】大宮駅発 9:04(快速アーバン)
両毛線高崎駅発 10:46


【ニュースのコメント】
 奈良駅構内の奈良県が営業しているカフェで正月に「きなこ雑煮」を提供するという記事です。
 群馬県の雑煮はほとんど、角切り餅に醤油味だと思うので、丸餅に味噌味でも経験がありませんが、奈良のきな粉につけていただくというのはちょっと想像ができませんね。
 お正月に奈良に行く人はぜひ試してみてください。旅館などでもこのタイプの雑煮が出てくるのかな…。

来月のメニューは「きなこ雑煮」

 奈良の正月の郷土料理「きなこ雑煮」が来年1月1〜6日、奈良市のJR奈良駅構内の県営アンテナショップ「nara in the box」のカフェで限定販売される。
 県によると、奈良の雑煮は、中の餅を取り出してきな粉に付ける。餅と野菜は円満を願って丸くし、豆腐は「蔵が建つように」と四角。白みそ仕立てで、ダイコンと金時ニンジンを入れた、紅白のめでたい組み合わせ。小皿に青大豆で作った緑色のきな粉と砂糖が付く。
(2012年12月29日 産経新聞)
posted by 長流水 at 12:01| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。