2012年10月08日

外は寒いけど

 今日はいつものように夜になってから八高線を使ってアパートに戻りました。昼間は晴れて暑いくらいでしたが、夜は寒かったですね。でも、列車の中はそれほどでもなかったかな…。
 両毛線は外が真っ暗な時間なためかすいていました。前橋駅からも乗ってきた人は少なかったです。前橋まつりが昨日までだったので、今日、前橋の街中に出かけた人は少なかったのでしょうね。
 高崎駅の中も3連休で出かけた人はすでに帰宅した感じで人が少なく、八高線はいつもよりすいていました。高麗川駅での乗り継いだ列車は高麗川駅で降りた人が多くいつもようにすいていました。
 横浜線もすいていました。日が短くなり寒くなってきたので、みな帰宅する時間が早くなったようですね。
両毛線高崎駅着 19:22
【八高線】高崎駅発 19:38
【八高線】高麗川駅発 21:01
【横浜線】八王子駅発 21:57


【ニュースのコメント】
 京都の梅小路蒸気機関車館で開館40周年記念イベントの記事です。
 梅小路蒸気機関車館は唯一C62が動態保存されていますが、ほとんど動かすことがなく、今回のイベントは3年半ぶりということなので、SLファンは動いているC62を目にするチャンスなので行かないといけませんね。
 イベントの詳細は梅小路蒸気機関車館のホームページ(URL http://www.mtm.or.jp/uslm/)で確認してください。

梅小路蒸気機関車館、開館40周年イベント開催

 日本で唯一の蒸気機関車専門の博物館「梅小路蒸気機関車館」が10月で開館40周年を迎えた。同館では、歴史を振り返る特別展やミニSL運転会、「C62形2号機」の運行などを企画、全国から訪れる鉄道愛好家で連日にぎわっている。
 同館は、昭和47年に国鉄が鉄道開通100周年記念事業として開設。計19両の蒸気機関車を保存、展示している。
 40周年記念として、入館チケットや写真などで同館の歴史を振り返る特別展示会(来年3月31日まで)や、実物の5分1サイズの機関車を運転できるミニSL運転会(10月13、14日限定)など、多彩なイベントを企画。
 アニメ「銀河鉄道999」に登場する機関車のモデルにもなった、日本最大の旅客用蒸気機関車「C62形2号機」を3年半ぶりに運行する(10月10〜31日まで)。昭和23〜24年にかけて49両が製造されたが、実際に運行する姿が見られるのは、現在日本では同館だけだという。
(2012年10月10日 産経新聞)


posted by 長流水 at 23:22| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。