2012年09月09日

ジョイフルトレイン

 今日は夕方、会社のそばで同僚と会う約束があったので昼に移動しました。今日のルートは、新前橋駅と籠原駅で乗り換える変則です。
 両毛線は乗客が多かった感じでした。駒形駅にジョイフルトレイン「ゆう」が停まっていました。両毛線でジョイフルトレイン「ゆう」を見たのは初めての気がします。
 新前橋駅で列車の乗り降りはすごく久しぶりでしたが、向かいのホームに停まっていた列車に乗り換えただけなので駅の中は見ていません。上越線から高崎線の列車は乗った時はすごくすいていて、高崎駅でも乗ってきた人は少なかったです。高崎駅を出てすぐの操車場にジョイフルトレイン「」が停まっていました。1日に2回ジョイフルトレインを見るのは珍しいですね。
 籠原駅で湘南新宿ラインに乗り換えました。籠原駅が始発の列車で最初からずっとすいていて、途中も立っている人がほとんどいませんでした。
 横浜駅で乗り換えた横浜線は混んでいました。人と会った後の新横浜駅からの横浜線も混んでいました。
両毛線新前橋駅着 13:08
【上越・高崎線】新前橋駅発 13:16
【湘南新宿ライン】籠原駅発 14:15
【横浜線】横浜駅発 16:04
【横浜線】新横浜駅発 18:05


【ニュースのコメント】
 富山県の万葉線で運行の始まった「ドラえもん」のラッピング列車の記事です。
 万葉線は路面電車なので、一般の鉄道より走行中の車両を間近に見ることができるので、このラッピング列車は人気になりそうですね。
 「ドラえもん電車」の詳細は、ホームページ(URL http://www1.coralnet.or.jp/manyosen/)で確認したください。

ドラえもん電車出発!「夢や希望、友情を発信」

 高岡、射水市を結ぶ万葉線で、高岡市出身の藤子・F・不二雄さん原作の漫画「ドラえもん」のキャラクターを施したラッピング電車「ドラえもん電車」の運行が始まった。
 車両は「どこでもドア」をイメージしたピンク色の乗降口、前面や側面にキャラクターをあしらい、車内にはドラえもんが4次元ポケットから取り出す道具が描かれている。
(2012年9月9日 読売新聞)


posted by 長流水 at 19:35| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。