2012年04月08日

ハイキング

 今日は夕方にアパートに戻りました。いつもは前橋駅始発の快速アーバンを使うのですが乗り継ぎが多くて疲れるので今日はちょっと早い八高線にしてみました。
 両毛線のこの列車は6両編成だったためかあまり混んではいませんでした。が、乗り継いだ八高線は2両編成だったためか混んでいて始発の高崎駅から終点の高麗川駅までずっと立っている人がいる状態でした。この時間の八高線はハイキングや登山の帰りといった人が多かったです。
 高麗川駅からの八高線もいつもの列車と比べると混んでいて立っている人がいました。また、八王子駅からの横浜線も混んでいました。
両毛線高崎駅着 15:41
【八高線】高崎駅発 15:48
【八高線】高麗川駅発 17:35
【横浜線】八王子駅発 18:32


【ニュースのコメント】
 廃線になった秋田県の小坂鉄道(小坂製錬小坂線)を使ってレールバイクで観光客を誘致しようという計画についての記事です。
 こういった廃止された鉄道を使ったのレールバイクの話はよく効きますが、小坂鉄道の特徴は計画では全長が全線の22kmの国内最長を目指しているというところでしょうね。
 22kmというとレールバイクで1時間半くらいかかるのではないでしょうか。今年のGWも試乗のイベントが予定されているようです。

誘客へ 線路走るバイク 旧小坂線を利用

 2009年4月に廃線となった旧小坂鉄道の活用と観光客誘致を目指し、地域住民と大館市、小坂町が、足でこいで線路を進む4輪車「レールバイク」の本格的な事業化に向けて準備を進めている。今年2月には両市町の観光関係者らが事業の運営母体となる団体「大館・小坂鉄道レールバイク」を設立。早期の開業と年間8万人以上の誘客を目指している。
 レールバイクは、鉄やアルミ製の車体に付いたペダルをこいで線路上を走る。エンジンを搭載したアクセル付きの車体もある。人力車の最高時速は約20キロで、欧州諸国や韓国では貴重な観光資源となっている。
 大館駅と小坂駅を結ぶ旧小坂鉄道の小坂線の深沢駅周辺で昨年10月、大館市の商工業者が中心となって往復4キロコースの試乗会を開催すると、悪天候にもかかわらず、県内外から2日間で約440人が集まった。
(2012年4月8日 読売新聞)


posted by 長流水 at 21:52| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。