2012年03月31日

年度末

 今日も朝はいつもの9時に新横浜駅に着く列車に乗りました。昨日の夜が遅くても、今日は朝から打合せがあったのでいつも通りです。列車は乗った時はいつもと同じ感じでしたが町田駅で降りた人が多かった感じです。
 昨日、横浜線の終電だったくらいですから、今日も早く帰ることはできず、会社を出たのは両毛線前橋駅までの最終に乗れる時間でした。
 新横浜駅からの東海道新幹線はのぞみでしたが、思ったよりすいていました。年度末だからでしょうか…。
 東京駅からの上越新幹線はホームに着いたのが遅かったのですが、16両編成のMaxたにがわですから、問題なく座れました。
 高崎駅からの両毛線の新幹線からの乗り継ぎと、年度末らしく酔った人が多かったです。
【横浜線】新横浜駅着 9:00
【東海道新幹線】新横浜駅発 22:35(のぞみ)
【上越新幹線】東京駅発 23:00(Maxたにがわ)
両毛線高崎駅発 24:06


【ニュースのコメント】
 わたらせ渓谷鉄道のトロッコ列車の新型車両についての記事です。
 これまでの機関車にけん引れていた車両から自走式になったことで、大間々駅と桐生駅の間の運行が可能になり、両毛線との接続が可能になりますね。
 また、記事にあるように窓ガラスがつけられるので冬にも運行可能ということです。冬のトロッコ列車というのはどうなのでしょうか…。現在、東北でJR四国のアンパンマントロッコが走っていますが、寒くないのかな。

わたらせ渓谷鉄道、新型トロッコ出発進行

 わたらせ渓谷鉄道は、新型トロッコ列車の出発式を開いた。大沢正明群馬県知事の合図で大間々駅を出発し、桐生駅との間を往復した。4月1日から本格的な運行を始める予定で、通年走行で観光客を取り込む計画だ。
 トロッコ列車は窓の部分を広く取った車両で、沿線の景色を眺めやすい。従来型では気温の下がる12月から3月は運行を中止していたが、新型トロッコは通年で運行できるよう、必要に応じて窓ガラスをはめられる構造にした。沿線人口の減少で通勤・通学客が低迷するなか、観光客の掘り起こしを進める。
(2012年3月30日 日本経済新聞)


posted by 長流水 at 02:16| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。